昆布の栄養

昆布の栄養と働き|美味しいダシの取り方

昆布の栄養はミネラルが豊富であるというだけではなく、食物繊維を多く含んでいるという特徴があります。食物繊維とは、胃や腸で消化されない食物中の成分をいいます。昆布に含まれているアルギン酸もその一つで、ヌルヌルしているのが特徴です。食物繊維には、腸内の余分なコレステロールを体外に出すはたらきがあり、成人病や大腸ガンの予防、肥満を防ぐなどの効果があるといわれ、最近注目を集めています。

昆布にはカルシウムが豊富

カルシウムが豊富です。カルシウムは歯や骨の形成を助ける働きがあり、からだの機能の維持や調整に欠かせないミネラルの1つです。しかし、わたしたちの食生活の中で、不足しがちな栄養素でもあります。特に成長期にある児童生徒をはじめ、骨がもろくなる高齢者や働きざかりの大人まで、すべての人の健康を支える上で、カルシウムは大事な栄養素です。昆布(乾物)には、牛乳の約7倍ものカルシウムがふくまれています。

昆布には食物繊維が豊富

排せつをスムーズにする。昆布にふくまれる食物繊維のアルギン酸は大腸のはたらきを活発にして便通をよくします。食物繊維は、水に溶けない性質をもつ「不溶性食物繊維」と水に溶ける性質をもつ「水溶性食物繊維」とに分けられています。海藻の食物繊維である水溶性食物繊維は、植物の細胞内にある貯蔵物質や分泌物で、水に溶け、食品の水分をゲル化する性質を持っています。昆布をはじめとした海藻には、水溶性食物繊維であるアルギン酸とフコイダンがたっぷり含まれています。実際、昆布にはごぼうの約5.0倍、さつまいもの約8.0倍もの食物繊維が含まれており、手軽に摂取することができます。これらの働きによって、コレステロールだけでなく腸内の有害物質が体外に出され、大腸がんなど、腸の病気の予防にも役立ちます。

昆布にはカリウムが多く含まれており高血圧の予防が期待

高血圧・脳卒中を予防する。食塩は、とり過ぎると高血圧などの原因になります。昆布に含まれているカリウムには、食塩のナトリウムを体外に追い出すはたらきがあります。また、血圧を下げるはたらきがあるアミノ酸(ラミニン)もふくまれていて、高血圧に効果のあることが知られています。例えば、塩分に関係するミネラル、ナトリウムとカリウムの比率を見ていましょう。昆布の場合ナトリウム:カリウム≒1:2.2くらいですが、わかめの場合ナトリウム:カリウム≒1.3:1くらいと含有比率が異なります

ヨウ素(ヨード)の含有量は食品中でトップレベル

人体の気管支の上のところにある甲状腺から、成長、物質代謝を促すチロキシンというホルモンが分泌されます。ヨウ素は甲状腺ホルモンのチロキシンとトリヨードチロニンをつくる材料になっており、交換神経を刺激することでタンパク質や脂質糖質の代謝を促す働きを持っています。ヨウ素は基礎代謝を高め、特に子どもにとっては、体や知能の発育を促進させる働きがあります。そのヨウ素含有量が圧倒的に高いのが昆布なのです。このホルモンの原料はヨードで、ヨード不足になると甲状腺障害が起きます。昆布には特にこのヨードが多く、1日2cm角1枚を食べると必要なヨードを取ることができます。

昆布は美容にも良い効果が期待

美容に効果が期待。昆布は、ビタミンや鉄分、カルシウムなどミネラル類が豊富で、食物繊維もたっぷり。しかも、ノンカロリーなので、美容やダイエットにピッタリの食品といえます。昆布の中に含まれるヨウ素は、甲状腺や副腎に働きかけて肌をきれいにしたり、ビタミンB2には肌を美しく保つ働きがあります。また、ヨードは、甲状腺から分泌されるホルモンの主な原料で、ホルモンに作用し、細胞の新陳代謝をスムーズにし、肌を美しくする働きがあります。鉄分は、貧血を改善し顔色をよくしてくれます。科学的な根拠は定かではないものの、昆布が白髪の予防になるというのは昔から伝えられています。昆布に含まれるミネラル分には新陳代謝を高める働きがあります。また、

その他、昆布には体に良いデイ分がいっぱい

昆布やワカメ等海藻類に多く含まれるフコイダンという糖には、コレステロール低下作用、抗腫瘍作用があると以前から言われていました。そしてその抗腫瘍作用に注目した最新の研究成果によると、「U-フコイダン」がヒト急性前骨髄球性白血病細胞や、ヒト胃ガン細胞、結腸線ガン細胞など活発に増殖している細胞において、細胞の自殺を引き起こす現象が確認されました。(昆布やワカメなど渇草類に含まれる「U-フコイダン」に、ガン細胞のアポトーシス(細胞の自殺)を引き起こす作用があることが第55回日本癌学会(1996年10月)で報告されています。)もし「U-フコイダン」が、増殖抑制が利かなくなったガン細胞のみを消滅させることができれば、副作用のない夢のガン治療法の実現が期待されます。昆布の中のビタミンB1は疲労回復。の働きがあります。普段から疲れやすく、その疲れから髪やツメがパサパサしやすいという人は、昆布を積極的に食べるよう心がけて。

昆布ダシ(出汁)の歴史、種類、栄養 リンク集

美味しいダシ(出汁)の取り方