煮干しについて

煮干しについて

煮干しとは、小魚を煮て干したものです。それ以外、何も加えもせず使う食材です。古来からある食材で古くは、鎌倉時代以前からすでに存在していたらしいです。煮干しは、非常に苦みや生臭さを嫌がる人もいますが、ひと手間加えて調理すると、すごく美味しい出汁が取れます。是非、みなさんもチャレンジしてみてくださいね。

煮干し(にぼし)は小魚を煮て干したもの

栄養が豊富な煮干し

煮干し(にぼし)は小魚を煮て干したもので、主に出 汁を とる材料として使われ るほか、生食用としても用いられて います。カタクチイワシで作ったも のが最も一般的です が、マ イワシ、ウルメイシ、キビ ナゴ、アジ、サバ、トビウ オ(あご)などを原料とし たも のもあります。イリコ(炒り子) 、じゃこ(雑魚)、だしじゃこ(出汁雑魚)など多くの別名が あります。 他にもカタクチイワ シの呼び名ですが、1cmから2cm程度の物をちりめん、3cmから4cm程度の物をかえり、以降10cmまで1cmごとに小羽、小中羽、中小羽、中羽、中大羽、大羽と呼ばれています。産地は、沿岸地域各地で、生産し、長崎県が日本最大の生産地で、次いで千葉県、瀬戸内海(広島県、香川県、山口県)っと日本全国で生産されています。購入時のポイントとして、背側が盛り上がりくの字に曲がっているものが鮮度のよい魚を加工したものとされています。逆に腹側が盛り上がるようなくの字になっていて腹が割れているものは、加工時の鮮度が悪かったもので、出汁をとる際に生臭味が強くなります。色合いは青みがかった銀白色が脂肪の酸化していない上質な もので、赤茶色になっているのは脂肪が酸化した製品です。煮干し(にぼし)は小魚を煮干(いりこ)は、全国的にだしの利用が多いのですが、その利用には、都道府県ごとに好みがあり各都道府県利用の仕方は、様々です。 北海道、東北では、8cmから10cm程度の大き目の煮干が好まれ、南の方にいくにつれて段々サイズの小さい物が好まれて行く傾向があるようです。 東の方では、ラーメンなどに多く利用されています。西の方では、うどんなどに多く利用されているようです。

煮干しの消費量

平成26年(2014年)に、都道府県民1人が、1年間に何gの煮干しを消費しているのかを掲載しています。全国平均は68gですが、トップは、宮崎県で295gとなっています。 全般的に、九州地方の県が上位にランキングしている傾向が見られます。 逆に、最下位は沖縄県で、年間10gとなっています。

煮干しの消費量
(※1)表の矢印をクリックすると、並び替えができます。
(※2)表の数値は、都道府県民1人当たりの数値です。
(※3)総務省統計局「家計調査」から各都道府県の1人当たりの支出金額を算定し、総務省統計局「小売物価統計調査」を利用し、各都道府県の物価を反映させ、消費量を算定しています。
(※4)「家計調査」「小売物価統計調査」のデータは、都道府県庁所在地の市をベースとしていますが、ここでは便宜的に都道府県別として取り扱っています。
(※5)全国平均は、47都道府県平均です。

煮干しダシ(出汁)の歴史、種類、栄養 リンク集

美味しいダシ(出汁)の取り方